大阪でボトックスを受けるならこのクリニック » 臭いを解消!大阪で脇ボトックスが受けられるクリニック

臭いを解消!大阪で脇ボトックスが受けられるクリニック

大阪界隈で脇・多汗症のボトックス治療が受けられるクリニックをご紹介します。

臭いやシミはもう気にならない

管理人・恭子が案内

このページをご覧いただきありがとうございます。管理人の恭子(36歳)です。私が脇汗を気になり始めたのは成人してから。Tシャツの脇にできた大きなシミを発見したときは衝撃的でした。

しかも、ここ数年では臭いも出てきて、お風呂の前に自分が着ていた洋服の臭いをかぐとなんとも言えない臭いが…。

脇シューしてもパウダー塗っても効く気配なし。これはもう治療を受けるしかないと思い、脇ボトックスの注射を受けることにしました。

脇のボトックス治療とは

脇にボトックス注射をするとボツリヌス菌が汗を分泌する汗腺の働きを抑制し、汗の量を減らすことができます。汗の分泌量が減るので臭いも軽減されます。

重度のワキガでない限りはボトックス注射だけでも十分な効果が期待できるので、「夏場だけで臭いや汗を抑えたい」といった一時的な対処にも適しています。

個人差はありますが、効果の持続期間は3ヶ月~半年。治療を繰り返すうちに効果期間が長くなる傾向があります。

脇の臭いに対する治療の種類

脇の臭い対策を行う施術には、ボトックス治療のほかにどんなものがあるのでしょうか。一般的なものとしては、「マイクロ波治療」「手術療法」が挙げられます。このそれぞれの治療法とボトックス治療を比べてみました。どの施術がどんな人に合うのか、ボトックス治療を考える上で、他の方法との違いも参考にしてみてください。

参考:「独立行政法人労働者健康安全機構 岡山ろうさい病院」

  • マイクロ波治療とは
    マイクロ波治療とは、脇の汗や臭いの原因となる「エクリン腺」「アポクリン腺」をマイクロ波をあてて破壊する治療法です。よく耳にするのは「ミラドライ」による施術で、マイクロ波を皮膚の上から照射して、熱で汗腺を破壊します。破壊された汗腺は元に戻らないため、手術同様の半永久的な効果がえられます。皮膚を傷つけることもないので、安心して施術を受けることができます。

    熱を照射するため、痛みがありますが、施術では麻酔を使用しますので大丈夫。ただ、麻酔の良し悪しが施術を左右しますので、クリニック選びは慎重に行ってください。
  • こんな人にはマイクロ波治療がおすすめ
    ワキガのような強い症状がある人にもおすすめの施術です。汗腺を破壊してしまうので、臭いの根本原因を取り除くことができます。数ヶ月経過後に臭いが少し戻ったと感じる人もいるかもしれませんが、これは、マイクロ波によって破壊しきれずに残った汗腺が、また正常に働き始めたことによるものです。あまり臭いが強いようなら、担当医師に相談してみてもいいかもしれません。
  • 手術療法とは
    手術療法では、脇の下の皮膚を切開して、汗腺を取り除いてしまう手術です。原因を根本から取り去る施術ですので、効果は半永久的です。その反面、傷が残ったり、大きく切ることになったりということも考えられますし、術後は脇を固定して数日過ごさなければならないこともあります。
  • こんな人には手術療法がおすすめ
    1回の施術で確実に効果が得られるのが、手術療法だといえます。ドクターの手によって、丁寧に汗腺を摘出してしまう手術ですので、ワキガのような強い症状のある人には、大きな効果が感じられる施術です。しっかりと効果を得たいという人におすすめの施術方法です。
  • ボトックス治療とは
    ボツリヌス菌から抽出したたんぱく質の一種を注射することで、一時的な筋肉の麻痺をうながします。脇の下への注射では、エクリン汗腺の働きを抑制することで、汗の分泌を抑え、臭いの抑制を行っていく治療です。効果があるのは、数ヶ月から半年ほどですので、永久的な効果は期待できません。

    あくまでも汗腺の働きの抑制する施術ですので、汗腺が減るわけではなく、ワキガなど症状の強い人への効果は薄いといえるでしょう。
  • こんな人にはボトックス治療がおすすめ
    市販のデオドラント制汗剤では効果が感じられないので、施術を考えている場合や、傷をつけるような施術が嫌だという人、簡単に手早く施術を受けたいという人におすすめの施術方法です。汗の臭いだけでなく、量が多くて悩んでいるという人にもおすすめ。

脇ボトックス治療施術の流れ

  1. カウンセリング
    まずはカウンセリングで希望を伝え、脇ボトックスに関する治療の説明を受けます。
  2. 問診・診察
    医師による診察を受けて、診断基準を満たして、脇ボトックスの適応があるかどうかの判別を行います。
  3. 検査等
    必要がある場合は、採血をして血液検査などを行う場合もあります。
  4. 治療の説明と同意
    脇ボトックスの治療に関する同意書を読んで、その内容に同意できるようであれば署名をします。
  5. 施術の予約
    もし、後日施術を受けるようであれば、施術の予約を入れます。脇ボトックスの場合は、カウンセリング当日の施術も可能です。
  6. 麻酔
    麻酔を使用するかどうかはクリニックによりますが、希望をすれば麻酔をしてもらえます。クリーム麻酔や麻酔テープを使うことが多いようです。クリニックによっては冷却で痛みを軽減する場合もあります。
  7. 消毒・マーキング
    麻酔クリームや麻酔テープを取り、脇を消毒してから、ボトックスを注入する部位にマーキングをしていきます。
  8. ボトックス注入
    マーキングに沿って脇にボトックスの薬剤を注入していきます。片脇あたり10~15か所程度に分けて注入します。治療時間は5~10分程度で終了するでしょう。その後はそのまま帰宅可能です。

大阪で脇の臭いを解消する施術を受ける

大阪で脇の臭いに対する施術を受ける場合、どの施術方法も行っているというクリニックは多く存在していますので、自分の希望にあわせて施術の相談が可能です。状態にもよりますが、ボトックス治療は、短時間の施術で臭いの抑制の効果が期待できる施術です。

汗腺を壊したり、切除してしまうといったことに抵抗があるという人にもおすすめの方法。ボトックス治療は、臭いだけでなく、多汗で悩んでいるという場合にも効果が期待できる施術方法です。大阪で脇の汗や臭いに対する施術を考えているなら、ボトックス治療も視野にいれてみてください。

では、大阪近郊で脇のボトックス治療が受けられるクリニックはどれくらいあるのでしょうか?私が実際に治療やカウンセリング、問い合わせをしたクリニックを以下にまとめてみました!

脇ボトックス治療の保険適応となる基準

脇ボトックスは、ボトックス注入治療の中でも、唯一の保険適応となり得る治療方法です。ただし、美容目的であると判断された場合は自由診療となり、健康保険は使えません。

脇ボトックスを保険適応の治療として受ける場合は、薬剤や疾患による影響ではなく、体質的な「原発性腋窩多汗症」であり、次の条件の中から2項目以上を満たしている必要があります。

  • 両脇から左右対称に大量の汗が出る
  • 汗の量が多いために日常生活に支障がある
  • 週に1回以上大量の汗が出る
  • 25歳未満のときから汗が多い
  • 家族に原発性腋窩多汗症の人がいる
  • 眠っている時は脇汗の量が多くない

これらの条件の内2つ以上当てはまる項目があり、「発汗を我慢することができず」「日常生活に支障が発生している」状態である必要があります。そのような状態が6か月以上継続している場合は、健康保険を使って治療を受けることが可能です。

ここで注意したいことは、単に脇汗の量が多いというだけでは保険適応にはならないということです。あくまでも「重度の原発性腋窩多汗症である」と認められた方のみが健康保険を使えるので、判断に迷う時はまずクリニックに相談してみましょう。

大阪で脇ボトックスが受けられるクリニック

西梅田駅

表参道スキンクリニック大阪院

費用 多汗症ワキボトックスは39,800円
特徴 表参道スキンクリニック大阪院の脇ボトックスは、日本で唯一厚生労働省から認可を受け、高い安全性を誇る、アラガン社の「ボトックス・ビスタ」のみを使用しています[1][2]。また、ボトックス治療全般に渡って、ボトックス治療の教育を受けたスタッフか医師が治療を行うため、より効果的な治療が期待できるでしょう。治療は完全個室の中で行われるので、脇の臭いの治療を行ったことを周囲に知られる心配もありません。施術時間も10分程度と短時間なので、仕事の休憩中にも治療を受けることができます。
所在地 大阪市北区曽根崎新地1-3-26 ぐらんぱれビル5F
アクセス 地下鉄四ツ橋線「西梅田駅」よりすぐ
診療時間 火・水・金・土12:00~19:00/日・祝10:00~17:30
休診日 月・木

城本クリニック大阪院

費用 多汗症・ワキガボトックスは58,000円
特徴 城本クリニック大阪院で使用しているボツリヌス・トキシン製剤は、アメリカ・アラガン社の「ボトックス・ビスタ」と、ドイツの企業であるマーズ社の「ゼオミン」の2種類です。ボトックス・ビスタは厚生労働省の認可を得ており、ゼオミンはアメリカのFDAの認可を受けている薬剤[1][2]。城本クリニックでは、多汗症治療で使用するボツリヌス・トキシン製剤は、1回の治療でおよそ5~100単位としているそうです。治療時間は5分間で、治療当日からシャワーや入浴も可能。さらに、足の裏の汗、掌の汗の治療にも対応しています。
所在地 大阪市北区小松原町3-3 OSビル9F
アクセス 地下鉄「梅田駅」より徒歩3分
診療時間 10:00~19:00※完全予約制
休診日 年中無休

大阪駅

聖心美容クリニック大阪院

費用 多汗症ワキボトックスは78,000円
特徴 聖心美容クリニック大阪院では、3つの薬剤を取り扱っています。アメリカ・アラガン社の「ボトックス・ビスタ」、イギリスの大手製薬会社・イプセン社の「ディスポート」、ドイツ・マーズ社の「ゼオミン」の3種類です[1][2]。3つもの薬剤を使用している理由は、症状や患者の希望によって、それぞれの薬剤を使い分けているから。薬剤によって効果の現れ方などに差があるので、脇汗の量や臭いの強度などの症状によって、最も適した薬剤を使用しています。いずれの薬剤も医師自らがテストをして、効果や安全性に合格点を出したものです。
所在地 大阪市北区梅田3-3-45マルイト西梅田ビル2F(ホテルモントレ大阪)
アクセス JR「大阪駅」桜橋出口より徒歩5分
診療時間 10:00~19:00※完全予約制
休診日 年中無休

藤井クリニック

費用 多汗症ワキボトックスは56,000~122,000円
特徴 藤井クリニックの脇ボトックスでは、アラガン社の「ボトックス・ビスタ」のみを使用しています[1][2]。汗の量や臭いの強度によって価格が変わり、軽症、中等症、重症の3段階に分かれています。ボトックス治療講習終了資格を所持している藤井クリニックですが、ボトックス薬剤の打ち方に特にこだわっており、高い効果を出すために、院長先生が丁寧に治療を行ってくれるそうです[3]。使われる注射針は一般的なものよりも細く、普通の注射針の、半分以下の細さ。痛みが軽減されることはもちろん、痛みによる精神的なプレッシャーも軽減されるでしょう。
所在地 大阪市北区梅田2-1-22 野村不動産西梅田ビル8F
アクセス JR「大阪駅」中央改札口よりすぐ
診療時間 10:00~19:00
休診日 水曜・日曜

湘南美容外科クリニック

費用 多汗症・ワキボトックスは157,500円
特徴 湘南美容外科クリニックの脇ボトックス治療は、アラガン社の「ボトックス・ビスタ」、もしくはヒューゲル社の「リジェノックス」で行われます[1][5]。ヒューゲル社は韓国の企業で、リジェノックスは韓国の厚生労働省のような存在である「食品医薬品安全庁」によって認可されている薬剤です。リジェノックスには、ニューロノクス同様、ボトックス・ビスタよりも治療費が安価になるというメリットがあります。基本的に麻酔は行いませんが、希望があれば麻酔の適用も可能です。
所在地 大阪市北区梅田1-9-20 大阪マルビル5F
アクセス JR「大阪駅」より徒歩3分
診療時間 10:00~19:00※完全予約制
休診日 要問い合わせ

高須クリニック大阪院

費用 多汗症・ワキガボトックスは150,000円
特徴 高須クリニック大阪院では、ボツリヌス・トキシン製剤の種類は明記されていませんが、中国製以外の高品質薬剤を使用しています。治療では必ずクリーム麻酔を使用して、痛みを感じないように配慮してくれるそうです。また、使用する注射針も高品質であることにこだわり、できる限り痛みが少なくなるように、針の太さが細く、切れ味が良く、内径の大きな注射針のみを使用し、部位によって使い分けています。治療後は、治療による腫れを軽減させるための漢方薬や、内出血をスムーズに改善する治療薬などを処方してもらうことも可能です。
所在地 大阪市北区大深町4-20 グランフロント大阪タワーA12階
アクセス JR「大阪駅」中央口より徒歩5分
診療時間 10:00~19:00※完全予約制
休診日 年中無休

心斎橋駅

共立美容外科大阪院

費用 多汗症・ワキガボトックスは75,600円
特徴 共立美容外科大阪院で使用している薬剤は、アラガン社の「ボトックス・ビスタ」とイプセン社の「ゼオミン」の2種類です[1][2]。共立美容外科大阪院では、外科治療の経験が豊富な医師のみが脇ボトックスの治療を行います。ボトックス治療の効果を引き出すためには、高い技術が必要ですが、実績ある医師が治療を行うので安心です。また、治療の前にはカウンセリングがあり、患者の体を診察しながら、患者が希望する治療法、効果的な治療法を一緒に確認してもらえます。事前にクリーム麻酔を使うので痛みの心配もありません。
所在地 大阪市中央区西心斎橋1-1-13 東邦ビル5・6F
アクセス 地下鉄御堂筋線「心斎橋駅」南13番出口より徒歩30秒
診療時間 10:00~19:00※完全予約制
休診日 年中無休

トキコクリニック

費用

脇のボトックス注射は65,000円

特徴 トキコクリニックで使用している薬剤は、アラガン社の「ボトックス・ビスタ」です。ボトックス・ビスタは厚生労働省から認可を受けた薬剤ですが、そのため、他のボツリヌス・トキシン製剤と比較して品質管理が十分で、効果が安定しているからだそうです[1][2]。トキコクリニックはアラガン社で行われている「ボトックスビスタ講習・実技セミナー」の受講も修了しているため、確実性の高い治療を受けられるでしょう[3]。
所在地 大阪市中央区南船場4-7-6 心斎橋中央ビル6F
アクセス 地下鉄「心斎橋駅」3番出口より徒歩2分
診療時間 10:00~13:30
15:30~19:00 ※完全予約制
休診日 日曜・祝日

品川美容外科心斎橋院

費用 多汗症・ワキボトックスは32,220円
特徴 品川美容外科心斎橋院で取り扱っている薬剤は、アラガン社の「ボトックス・ビスタ」と、Medy-Tox社「ニューロノクス」です[1][2][4]。ニューロノクスは、韓国のMedy-Tox社から発売されているボツリヌス・トキシン製剤で、世界約40か国で使用されている実績豊富で安全性の高い薬剤であり、ボトックス・ビスタよりも安価に治療が行えます。この2種類の薬剤から、患者が好きな方を選択可能です。脇ボトックスは片脇だけの治療を受けることもでき、両脇1回目の治療では割引が適用されます。
所在地 大阪市中央区南船場3-12-9 心斎橋プラザビル東館6F
アクセス 地下鉄「心斎橋駅」1番出口よりすぐ
診療時間 10:00~20:00※完全予約制
休診日 年中無休

なんば駅

きぬがさクリニック大阪院

費用 多汗症・ワキガボトックスは60,000円
特徴 きぬがさクリニックで使用しているボツリヌス・トキシン製剤は、アラガン社の「ボトックス・ビスタ」1種類のみです[1][2]。脇汗への治療はもちろんのこと、掌の汗、足裏の汗の治療にも対応しています。また、脇汗の治療では、保険適応となる方法と、健康保険適応外の治療方法の2種類があることも特徴的。掌と足の裏へのボトックス治療は、保険適応外の治療方法のみです。また、きぬがさクリニックはボトックス・ビスタ講習セミナーを修了しているクリニックなので、医師全般に確かな技術力を期待できるでしょう[3]。
所在地 大阪市中央区難波4-7-6 R2ビル1・2・3・4・5F 総合受付4F
アクセス 地下鉄「なんば駅」21番出口より徒歩1分
診療時間 10:00~19:00※完全予約制
休診日 年中無休

天王寺駅

つかはらクリニック

費用 多汗症・ワキガボトックスは98,700円
特徴 つかはらクリニックでは、厚生労働省からの認可を受けた、アラガン社「ボトックス・ビスタ」のみを取り扱っています[1][2]。脇ボトックス治療で最もこだわっている点は、カウンセリングを徹底することです。患者の悩みや希望の治療方法を聞いたうえで、適切で効果的な脇ボトックスを施してもらえます。さらに、万が一治療の効果が実感できない場合は、無料で追加注入をしてもらえるので安心感です。追加注入は、ボトックス・ビスタの効果が現れる期間を考慮して、1回目の施術から2~3週間以内であれば無料となります。
所在地 大阪市天王寺区悲田院町9-20 阿倍野橋ビル3F
アクセス JR「天王寺駅」より徒歩1分
診療時間 10:00~20:00(月~金)
10:00~19:00(土)※完全予約制
休診日 木曜・日曜・祝日

江坂駅

吉井クリニック

費用 多汗症ボトックスは80,000円
特徴 吉井クリニックの脇ボトックスでは、アメリカ・アラガン社の「ボトックス・ビスタ」のみを使用しています。吉井クリニックの医師は「ボトックス・ビスタ施注資格」を取得しており、最も効果が現れる注入の方法を習得済み。特にボトックス・ビスタは、ボツリヌス・トキシン製剤の中でも、唯一日本での認可を受けていて高い安全性を誇りますが、より安全で、より効果的な治療が可能となるでしょう[1][2]。また、脇ボトックスによる治療は永久的ではないことから、2回目の施術では治療費が10%割引となります。
所在地 吹田市豊津町1-21 江坂中央ビル5F
アクセス 地下鉄御堂筋線「江坂駅」5番出口より徒歩1分
診療時間 10:00~13:00
15:00~19:00※完全予約制
休診日 木曜・日曜・祝日

以上が脇のボトックス治療でおすすめできるクリニックです。実際の施術内容や費用は異なる場合があるので、事前に確認してから病院を受診してくださいね。

[1]

参考:アラガン・ジャパン『ボトックス・ビスタ』

[2]

参考:厚生労働省『(PDF)資料4 A型ボツリヌス毒素』

[3]

参考:アラガン・ジャパン『WEB講習セミナー受講』

[4]

参考:Medy-Tox『事業/製品』

[5]

参考:HUGEL『Botulinum Toxin』

脇ボトックス治療にリスク・副作用はある?

表情筋にボトックス治療を行うと、表情がうまく作れなくなるなどの副作用があるとされますが、脇ボトックスには副作用やリスクはないのでしょうか?実は、それほど重篤な症状や後遺症とまではいかなくとも、脇ボトックスにも副作用があるとされています。

  • 内出血
    予防接種をした時なども同じですが、注射をした部分に内出血が起きる場合があります。内出血が起きると青あざのようになりますが、1週間ほど放置すれば自然と消えていき、脇という部位であるため目立つこともありません。
  • 腫れ・赤み
    注射をした部位に軽い腫れや赤みが現れることがありますが、確率としては数%という低さで、気にならない程度のものです。
  • アレルギー
    アレルギー症状が現れた場合、アナフィラキシーショックが引き起こされることもありますが、この確率は0.01%以下と言われています。
  • 他の部位の汗が増える
    脇からの汗の量が減るため、その代わりに他の部位からの汗が多くなるケースがあります。この現象は「代償性発汗」と言われており、確率は5%ほどだと言われていますが、驚くほど汗の量が増えるということはないようです。
  • だるさや不快感
    稀に、腕のだるさや不快感が現れることがあります。他の部位に注入しても起きることがある副作用ですが、一時的なものであることがほとんどです。

まとめ

ボトックス注射の口コミを見ると「涙が出るくらい痛かった」という人もいたので心配していましたが、私がお願いした先生がベテランだったからか?全然痛みがなくて拍子抜けしました。

さらに驚いたのが治療を受けた数日後から汗がぴったりと止まったこと!その後も4ヶ月以上は効果を自覚できて、とても快適でした。

もちろん気になっていた臭いもスッキリ!脇汗の悩みから解放され、開放感に浸っています

大阪でボトックス治療が受けられる美容クリニックBEST5
ボトックス治療を
受ける前に
知っておきたいこと
ボトックス治療が
評判のクリニックリスト
@大阪
若返ろう!
シワボトックスが
受けられるクリニック
【悩み別】
ボトックスの効果
部位別のボトックス効果とは?
sitemap