大阪でボトックスを受けるならこのクリニック » ボトックス治療を受ける前に知っておきたいこと » ボトックス注射と塗るボトックス

ボトックス注射と塗るボトックス

クリニックで受ける美肌療法ボトックス注射と自宅でも利用できる塗るボトックスについてご紹介します。

ボトックス注射と塗るボトックスってどう違うの?

雑誌やネットでよく話題にあがる美容法ボトックス注射。名前はよく知っていても、芸能人などが利用するものというイメージが強かったり、痛かったりちょっと怖いという印象を抱いてる方もいるかもしれません。ボトックス注射は、年齢と共に肌が老化しシミやシワなど気になる部分が出てきたときに、注射をするだけの簡単な施術でできる治療法です。塗るボトックスは、ボトックス注射と同様の効果が期待できる化粧品を用いて自宅でもできる美容法です。

ここでは、大阪などで施術を検討されている方などに、ボトックス注射と塗るボトックスの特徴や違いなどについてご紹介します。

参考:谷本奈穂『ミドルエイジ女性向け雑誌における身体の「老化」イメージ』[pdf]

ボトックス注射の特徴

ボツリヌストキシン注射と呼ばれることもあるボトックス注射は、ボツリヌス菌(Clostridium botulinum)から抽出した高タンパク質複合体が成分の注射剤です。ボツリヌス菌が作り出した高タンパク質複合体は、筋肉に広がる神経の機能を抑える働きがあります。ボトックス注射はその機能を利用し、シワを作ったり口角を下げたりする働きを持つ筋肉の神経の働きを抑えることにより悩みのポイントを解消する治療法です。

ボトックス注射のメリット

5分ほどの短い施術時間で、チクッとする程度の痛みがあるだけの簡単な施術で完了します。施術後の腫れなどはほとんどなく、その日から洗顔やメイクが可能です。施術の効果が現れるのも比較的早く、施術後3日ごろから徐々に効果が出始め1週間後には目に見える効果が現れます。

ボトックス注射のデメリット

個人差がありますが、半年から1年ほどで効果がきれてしまうため、定期的な施術が必要になり、そのための費用がかかります。施術後まれに表情筋などに影響がある副作用が出るリスクがあるのもデメリットのひとつといえます。

塗るボトックスの特徴

塗るボトックスは、ボトックスという名前がついていますが、ボツリヌス菌を利用したものではありません。スペインで開発されたシワ改善の「アルジルリン」と呼ばれるボトックス注射と同様の効果が得られる成分を含んだ化粧品のことで、シワの改善などボトックス注射に似た効果があることから塗るボトックスと呼ばれています。ボトックス注射のように肌に注射針を刺す必要がなく、化粧品と同じように肌に塗り込むだけで効果が期待できることから利用する人が増えています。

塗るボトックスのメリット

毎日のスキンケアの際に肌に塗るだけでいいので、安全性が高く手軽に取り入れることができ、ボトックス注射の施術に比較すると費用が抑えられるのがメリットです。

塗るボトックスのデメリット

塗るボトックスは、ボトックス注射に比較すると効果が感じられるまでに期間が長く、2週間~30日前後かかる場合がほとんどで、即効性にかけるのがデメリットといえます。

大阪でボトックス治療が受けられる美容クリニックBEST5
ボトックス治療を
受ける前に
知っておきたいこと
ボトックス治療が
評判のクリニックリスト
@大阪
若返ろう!
シワボトックスが
受けられるクリニック
【悩み別】
ボトックスの効果
部位別のボトックス効果とは?
sitemap