大阪でボトックスを受けるならこのクリニック » ボトックス治療を受ける前に知っておきたいこと » 安全なの?副作用はないの?

安全なの?副作用はないの?

ボトックス注射の施術で起こり得る副作用についてまとめました。また、安全に治療を受ける上で知っておきたいポイントも解説します。

ボトックス注射は怖い?副作用のリスクは?

顔のシワ改善や小顔効果、ふくらはぎの痩身に多汗症解消と、さまざまな効果があるボトックス注射ですが、副作用が気になるという方も多いのではないでしょうか。
不自然な表情になる、痛みがあるといったイメージをお持ちではないでしょうか。

しかし、ボトックス注射は基本的に安全な施術なので、副作用のリスクやデメリットを正しく理解すれば安心して治療を受けることができます。これを読めば、不安がきっと解消されるはずです。

ボトックス注射の副作用

ボトックス注射はボツリヌストキシンという成分を筋肉などに注射することで、筋肉の動きを止めたり萎縮させたりする治療法です。例えば、眉間や目尻などの表情ジワにボトックス注射をすると皮膚が一時的に伸びるため、シワが改善されます。

副作用の現れ方は部位により異なりますが、部位に関わらず共通して起こる副作用は頭痛や痛み、腫れ、内出血などです。そのほか、施術部位がひきつったような感じが続く人もいます。

副作用が起こる確率はかなり低い

これらの副作用は1週間ほどでおさまりますが、1ヶ月くらい長引くこともあります。
ボトックスビスタの添付文書に掲載されている副作用の報告によると、副作用は595例中7例が報告されています。確率にすると1.2%とかなり低く、一生残るような副作用もないと考えられます。

医師の技術が未熟だと不自然な仕上がりになる場合も

ほうれい線や眉間などのシワにボトックスを注入する場合は、注入量や注入の仕方を誤ってしまうと不自然な印象になってしまうことがあります。
例えば、額のボトックスの失敗談では眉尻だけが上がってつり眉のようになってしまうケースなどがあります。

修正はボトックスが消えるのを待ってから

近年はボトックスビスタの販売元であるアラガン社が実技の教育を行っているので、このような失敗は減ってきていますが、一度失敗してしまうと後から修正するのは難しく、ボトックスが消えるのを待つしか方法はありません。

腕の良い医師選びが重要

こうして副作用だけを見ていると怖くなってしまかもしれませんが、ボトックスは使用量と使用法を守れば副作用や失敗が起こるリスクは低い治療です。

安心して施術を受けるためには経験豊富なドクターを選ぶことが最も重要となります。腕の良い医師を選べば難なく悩みやコンプレックが解消できるはずです。

大阪でボトックス治療が受けられる美容クリニックBEST5
ボトックス治療を
受ける前に
知っておきたいこと
ボトックス治療が
評判のクリニックリスト
@大阪
若返ろう!
シワボトックスが
受けられるクリニック
【悩み別】
ボトックスの効果
部位別のボトックス効果とは?
sitemap